ブログ

  1. 〜高田瞽女っぽい女性群の巻〜

    Vol.401
    2022年05月27

    5月下旬、高田瞽女の文化を発信する会の集まりに参加しました。

    癒しのパワースポット島道鉱泉(シマミチコウセン)は、現役を引退した高田瞽女の皆様が、毎年、湯治に訪れていました。

    10年前に、関東から、地元の糸魚川市に戻り、古き良き時代の島道鉱泉の再建を目指して運営を始めたのがキッカケで、瞽女ミュージアム高田の施設を紹介されました。

    そこには、わたしの祖父母や昔の島道鉱泉の家屋が、映っていました。

    わたしの幼少の記憶は、頭から体の隅々まで、身体検査をされるように優しく触れられ、訪れるたびにお土産を持参してくれました。

    目が見えない分、耳や感覚が鋭く、いつもニコニコしていた笑顔が印象深かったです。

    祖母の教えに従い生きて来た部分が大半ですが、今、考えると目が不自由で肺の疾患になったのも、何らかの意味があるのだと思います。

    7歳で、光の発光体に導かれて、地球を旅しながら悲惨な場面を繰り返し、繰り返し、見せられた時から、わたしの物語は始まっていたのでした。

    人間界で嫌なことがあり、逃げ出したい気持ちが出て来ても、怯まず、恐れず、そこに立ち向かって行く勇気があったからこそ、わたしは生きていられたのだと思います。

    何田匡史さんを亡くし、悲しみや絶望に打ちひしがれても、わたしを頼り、励まし、声をかけていただいた存在がいてくれたおかげで、わたしは、まだ、今も元気で生きています。

    2月の悲劇的な惨事から、早くも三ヶ月が経ちました。

    今でも、何田匡史さんの話で、涙が溢れていますが、泣けば、泣くほど、自律神経が整い、スッキリして来ますので、毎日、匡史さんを思い出し泣いています。

    神様は、いつも、わたしを見ていてくださり、ありとあらゆる現実を突きつけて来ます。

    それは、神様のせいではなく、全てじぶんが描いている物語に過ぎません。

    シン・シンダラチャンネルのサイトでの語りを応接かり、今のわたしに何が出来るのかを考えています。

    何田匡史さんと、やりたかった事を、島道鉱泉で一緒に暮らす女性群と行動していきたいと思います。

    女性3人なら、まるで高田瞽女さんみたいだね。

    親方は誰かなぁ(笑)

    今日も厳しく、楽しく、無事に1日を過ごすことが出来ました。

    今日も与えられた恵まれた環境に感謝いたします。

    ~はるみの超お薦めサイト~

    【シン・シンダラチャンネル】
    https://shindara-channel.com/page/3/

    【ツクツクマーケット】
    ~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468

    キラキラはるみ

  2. 和歌山・紀の川市『神饌行器(しんせんほかい)』見学会の巻

    Vol.400
    2022年05月19

    昨年の夏、匡史さんと何件もの車屋さんをまわり、2人で選んだ新車で、初めての関西へ旅に出ました。

    わたしは、見た目は元気ですが、やはり肺疾患歴は、45年余りなので、地方に移動するには車が助かります。

    3月末に、移住してきた可愛い女子と妹も加わり、3人で大阪〜和歌山へ向かいました。

    3人で一緒にいると、現代版・高田瞽女(ごぜ)みたいだなぁ〜と、時々、笑える時があります。

    現役を引退されてからも、毎年、湯治に訪れて下さった高田瞽女の方々を最近、よく思い出します。

    関西行きのために、高齢者の父親のために留守番に来てくれた姉、出掛ける事に対して何も意見しない父親に、改めて感謝でした。

    北九州から移住してきた『四季彩ナンダ』代表の彼女と、『癒しスポット光の泉』代表の妹。

    2人とも純粋で無邪気で楽しいこと大好きなイケイケ女子です。

    わたしは、どちらかというとイケイケ、キャピキャピ女子を見て『可愛いなぁ〜羨ましいわぁ〜』と思うタイプなので、、、そういう方々に近いて仲良くさせていただいています。(笑)

    わたしの人生は、いつも素敵な女子達に囲まれていました。

    カッコいい男子も良いですが、やはり女子同士だと気楽です。(笑)

    先月末から始まった新プロジェクトの始動で、亡くなった匡史さんが、ますます身近に感じています。

    本当は、匡史さんから離れて、静かに余生を暮らしたいと思っていましたが、何だか、そのようには行かず、人生は、じぶんの思い通りには進まないことを、つくづく感じます。(笑)

    色々な方々が、ご自分の主観でアドバイスをいただきます。

    でも、わたしは匡史さんと別の世界で生きています。

    亡くなった方を語り思い出話も、たまにはいいですが、匡史さんがなくなった今だからこそ、今を生きる人達のために何かできたら、、、とつくづくが感じます。

    未来の人たちのためになんて、そんな大それたことを考えるより、今、一緒に生きていく人達と笑って暮らしていけたら面白いなぁと思います。

    ぬながわサロンの勇吉先生は、『お前は喋っていないとダメだ‼︎』と言います。

    確かに、喋り続けて何十年にもなりますが、じぶんの感じてる事を、そのまま喋れるようになったのは、7歳の時、光の発光体と地球見学したビジョンを見せられた時からですから、、、

    わたしの人生は、わたしだけのものではないんだなぁとな何だか物悲しくなります。

    どうせ、この世を生きるなら、じぶんのためだけでなく関わってくださる皆様のために何ができるか❓

    最近のわたしの決意は、徐々に固まりつつあります。

    今の地球に足りないのは『笑い』なので、1人でも多くの方々が笑えるような環境を作りたいです♪

    そういえば、、、和歌山県紀の川市での女子会は楽しかったです。

    神様の絵を描く、Aさん。
    人や土地のお祓いが出来る、Mさん。
    身体のケアが得意な、Mさん。
    神饌行器の価値を見出せる、Mさん。
    客観的に意見するKさん。

    素敵なメンバーが揃う『神饌行器(しんせんほかい)』の皆様は、関わる方々を癒すことのできるエネルギーを発信していました。

    『でっち奉公に来なくちゃ』とわたしの中の神が呟き、『神様が降りて羽休めをする環境を拡げるんだ』と魔が囁きました。

    『そんなことは百も承知。だから見学に来たんでしょ‼︎』とわたし。

    幼少期から、わたしの中の存在は、神と魔を従えて生きてきました。

    神や魔は、いつもわたしを励まし、支え、助けてくれました。

    じぶん以外の存在に対して、嘆き、悲しみ、怒り、時には喜びを分かち合っています。

    ホンモノの光に繋がれば、神と対話できる。

    なんて、にんげんのカラダは、そんなに簡単ではありません。

    もっと複雑で、ややこしくて、めんどくさくて、、、だからこそ『神饌行器』のような場所が必要なんだと思います。

    神が羽を休めにくる場所。

    見えない世界の神だけでなく、にんげんの中に存在する神の中の光の部分(神性)を目覚めさせるキッカケになれる場所です。

    精神学協会の積哲夫会長がプレゼントしていたはんにゃのお面が笑っていました。

    『相変わらず、よく喋るわ』と呆れていたのでは?と思いますが、あまりに気にせず、好きな事を喋らせていただいてきました。

    わたしの喋りで、皆様が笑ってくれたら、それに勝る幸せはありません。(笑)

    ただ、いつも、思ってることをハッキリ言っているだけなのに、関わる皆様は、笑っているので何だか申し訳ない気がします。

    今日も、朝起きられて、指が動き、目が見える事に感謝します。

    今日も、じぶんの意志で、自由に動ける事に感謝します。

    今日も与えられた環境に感謝、感謝なのです。

    ~キラキラはるみの超お薦めサイト~

    【シン・シンダラチャンネル】
    https://shindara-channel.com/page/3/

    【ツクツクマーケット】
    ~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468

    キラキラはるみ

  3. シン・シンダラチャンネルでデドックスの巻

    Vol.339
    2022年05月12

    5月12日(木)記念すべき日。

    明日の13日(金)は、島道鉱泉の麓の田んぼでの田植えが決まっていました。

    田植えの前日に、シン・シンダラチャンネルが配信されるのは、縁起が良い気がしました。

    先月、関西で、映像の事を熱く語る熟年層の素敵な方々のずば抜けた感性と並外れた能力を見せつけられたような、、、衝撃的なサイトを拝見できて、関わる皆様の覚悟が感じられて涙が溢れてきて、しばらく止まりませんでした。

    昨年の4月にサラリーマンを卒業して、5月に昔ながらの湯治場の再生のために、島道鉱泉に京都から移住してきた匡史さん。

    『インフラを作らないといけない』『次の世代へ引き継ぐために形にしないと』が口癖でした。

    段取りやスケジュール調整が苦手な彼は、わたしに頼らず、一生懸命だったので、歯がゆい気持ちを抑えながら、彼を見守りました。

    結局、後処理は、わたしの担当でしたが、それが楽しかった記憶が、今でも鮮明に残っています。

    ただ、シン・シンダラチャンネルの配信は、匡史さんと、一緒に暮らしていた父親や母親、そして妹は、かなり辛いと思います。

    彼が暮らしていた形跡が残っている島道鉱泉の場所は、わたしたちにとって切なく苦しい場所になりました。

    匡史さんが、この世を卒業する10日前に、天然ガスの復旧を一人で達成した時の父親の笑顔が、今でも忘れられません。

    『天然ガスの工事は、匡史に任せたぞっ‼︎』と家族みんなで喜んでいた2月13日。

    その日は、匡史さんの55回目のお誕生日でした。

    わたしは、3度の結婚をしていますが、1度目の結婚相手も、この世を卒業しています。

    1度目の旦那さまが亡くなった時も、3度目の旦那さまが亡くなった時も、わたしの中に浮かんだ言葉は、『神はやはり存在するんだなぁ』でした。

    神は見ています。
    神は聞いています。

    にんげんのやることなすこと、見て聞いて、そして、願いが祈りになり、審判の層を超えていけば、、、必ず願い事を叶えてくれるのです。

    匡史さんは、60歳まで生きたくない、死後の世界に興味があるから、精神学協会の積会長から聴いた話を検証したい‼︎と豪語していました。

    わたしは、そんな彼を見守りながら、ただ傍にいることしか出来ないことが苦しかったです。

    わたしは、匡史さんと建設的な話をしながら、未来のビジョンを一緒に形にしたいと思っていましたので、早く死にたい‼︎と笑顔で喋っている彼が理解できませんでした。

    1度目の旦那さまの時も感じましたが、先にこの世を旅立った方は美化されます。

    残された方々のほうが辛くて悲しいです。

    シン・シンダラチャンネルの配信が始まりました。

    匡史さんの声や動画を見ると涙が溢れています。

    今でも、わたしが代わりに死ねば良かったと思っています。

    わたしが代わりに死んで、匡史さんが島道鉱泉を盛り立ててくれたら、どんなにか良かったか‼︎と思います。

    新しく始まったシン・シンダラチャンネルを拝見して、関わっている皆様の凄さを感じるから、尚更、わたしに溜まっている闇の毒が出る気がします。

    現実は、自殺する勇気もないですし、やりたいことも欲しいものもないので、匡史さんが与えてくれた環境を活用して、好きな事を発信しようと思います。

    シン・シンダラチャンネル、恐るべしサイトです。

    今日も、生かされている感謝と共に、浄化上昇を怠らずに、じぶんの気持ちに正直に生きたいと思います。

    今日も沢山、泣きましたので、だいぶスッキリしました。

    これからもじぶんらしさを忘れず、マイペースで、気楽に愉しみながら働きたいと思います。

    ~キラキラはるみの超お薦めサイト~

    【ツクツクマーケット】
    ~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468

    ~心と身体が元気になる店 癒しスポット光の泉~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830

    ~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831

    ~精神学の宇宙こうぼう~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000106643

    キラキラはるみ

  4. 山菜採り

    2022年5月5日

    今年、初めての山菜採り。

    自然は毎年変わらず、緑を増やし、癒しをくれる。

  5. 田んぼの時期

    2022年4月28日

    今日、田んぼの田打ちをしてもらった。

    いよいよ田植えの時期だ。

  6. 〜大自然の叫びの巻〜

    Vol.338
    2022年04月23

    今日、小雨の中、勇吉先生が、島道鉱泉の山のお祓いをしてくださいました。

    雪崩発生時から、約2ヶ月が経ちました。

    島道鉱泉へ続く坂道の風景は、雪解けと共に被害の大きさを物語っています。

    木がなぎ倒され、電信柱が折れ、ガードレールが倒れています。

    河川には、大沢岳なら流れてきた土砂や木々が大量に積み重なっています。

    その光景を見るだけで、当時の悲惨な現場が思い出されて涙が溢れてきます。

    その光景を記憶にとどめておきます。

    にんげんは、自然界の前では無力です。

    勇吉先生が、島道鉱泉の頂上に着いた時は、晴れ間が見えていましたが、お祓いが始まると雨が降り出しました。

    島道鉱泉を下った石垣の道を下りると、大沢岳を望める景色は、以前と違い恐怖心をあおるほど寒々しくそびえ立っています。

    大沢岳からの雪崩に遭った木々達は、悲痛な叫びを発していました。

    勇吉先生は、木と話をしていました。

    『運命は決まっている』

    『お祓いは、あと一回だな』

    勇吉先生は、雨の中、坂道を下り他方面からの存在のメッセージを受け取っていたようですが、全てを話してはくれませんでした。

    今日は、雨のせいか、体調もすぐれず気が落ち込む一日でした。

    わたしは、島道鉱泉の坂道の途中のヒノキの悲痛が、今でも忘れられません。

    大自然の神たちは、にんげんと働きたいと叫んでいるかのようでした。

    勇吉先生のお祓いも、定期的に続けてもらいたいと思いました。

    今日も恵まれた環境に感謝いたします。

    ~キラキラはるみの超お薦めサイト~

    【ツクツクマーケット】
    ~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468

    ~心と身体が元気になる店 癒しスポット光の泉~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830

    ~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831

    ~精神学の宇宙こうぼう~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000106643

    キラキラはるみ

  7. 奴奈川姫産所への道

    2022年4月20日

    奴奈川姫産所への道には、毎年桜が咲く。

    今年も満開。 大沢岳が、綺麗。

  8. 〜支援・応援への感謝の巻〜

    Vol.337
    2022年04月018

    島道鉱泉の山全体の整備が始まりました。

    糸魚川市役所の皆様をはじめ、たくさんの方々の支援のお陰で、1日、1日、環境が整っています。

    糸魚川市の被災者に対する誠意は傷心したわたしたち遺族を癒してくれます。

    そして、また、生きる意欲を湧き上がらせてくださいます。

    自然災害のため大切な人との繋がりを断ち切られ、どこにもぶつけようがない怒りと苦しみを抱えたまま生きていくのは辛く、悲しいことです。

    でも、貴重な存在がこの世にいない寂しさより、この世に生きる人たちと何が出来るかを考えた時、やはり何田匡史さんのやりたいこと、やるべきこと、やらなくてはいけないことに行き着くのです。

    一日、一度は、何田匡史さんを思い出し涙が溢れますが、泣いてばかりはいられません。(笑)

    支援、応援してくださる皆様がいてくれるおかげで、わたしは立ち直り、明るく生きていく決意が出来たのです。

    この場をお借りして、糸魚川市長をはじめ、職員様、糸魚川消防、糸魚川警察、見えない箇所で災害の支援に関わってくださる業者様、また未来へ繋がる光の経済を生み出す情報を与えてくださり、感謝いたします。

    ありがとうございます。

     

    とはいえ、雪崩から約2ヶ月。

    島道鉱泉の場所は、雪解けと共に、被害が露見して当時の悲惨さを訴えてきます。

    貴重な存在を無くしたわたしは、彼の意志を受け継ぎ、次世代の方々へ精神世界に繋がる素敵な女子と繋がりました。

    彼女は、何田匡史さんに波動が重なります。

    純粋で繊細で誠実、きめ細やかな配慮は、他の方には出来ない特技ともいえます。

    彼女の癒しの波動は、人の闇を貫き、解除出来るほどの鋭さと強さを感じます。

    神様は、必ず見ていてくださいます。

    正しいことをしているにんげんにご褒美を与えます。

    わたしは、彼女との出逢いに感謝しながら、神様は、やはり見ていてくださることを確信する日々です。

    ヒトは神の子です。

    わたしも、また、神の子です。

    神と神が繋がり光に導かれて、この現実宇宙を創りだすのです。

    わたしは何のために生まれ、何を成し遂げるために生きているのか。

    その答えは、じぶんの魂のデータ・これから始まる物語に描かれています。

    その物語を読み取り、現実世界に繋げるのは、誰でもない、わたし自身です。

    これから、ほんとうの島道鉱泉プロジェクトが始まろうとしています。

    今後とも宜しくお願い申し上げます。

    ~キラキラはるみの超お薦めサイト~

    【ツクツクマーケット】
    ~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468

    ~心と身体が元気になる店 癒しスポット光の泉~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830

    ~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831

    ~精神学の宇宙こうぼう~
    https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000106643

    キラキラはるみ

  9. 復活の日々

    2022年04月11日

    今日も島道鉱泉へ行きました。

    坂道の除雪は、終わったが、倒木が・・・

  10. ⭐︎見えない世界からの伝言⭐︎

    2022.04.09.No.1

    ぬながわサロン代表・能登勇吉先生が、島道鉱泉付近で発生した雪崩の跡地を訪れました。

    その時、何田匡史(本名・能登匡史)さんからのメッセージを受けました。

    『何回も足運んであげろよ』と勇吉先生が言いました。

    『えっわたし❓冗談じゃない💢何でわたしが❓』

    『申し訳ない、そういうつもりじゃない、みんなにわかってもらえなくて寂しい』って言ってるんだよなぁ

    と、続けて言われました。

    『匡史さんは、みんなの前じゃ猫かぶってましたからね。わたしあての伝言じゃなければ納得しました。全く死んでも女々しいのは何なんですかね!わたしや勇吉先生が解ってればいいのに、、、みんなに誤解されたくないなんて、ムシがいい話ですよ!全くムカつく‼︎』

    『そこまでして、みんなに認められたいんですかね‼︎死んでも調子良いのは変わらないですね!』

    『まぁまぁそう言うなよ。彼だって、申し訳ないと思ってるんだからさぁ。オレらくらいは匡史さんの話を静かに聴いてあげようよ。』

    これが、昨日の遺体発見現場の時の会話でした。

    わたしは、怒りのあまり泣きました。
    匡史さんの不甲斐なさと神様の約束を果たさなかったのに、何をしているのかと、、、。
    いつも次元の低い話ばかりして、、、もう人の顔色ばかり見るのは止めればいいのに、いつまでたっても成長しない匡史さんに怒りが湧き上がりました。

    『言いたいことがあるなら、わたしに聞こえるように言えよ!匡史さん水くさいでしょ‼︎』

    『そう言うなよ。気が小さいんだから大声出すと可哀想じゃん。(笑)』

    遺体発見現場での勇吉先生とわたしの涙は、匡史さんの涙だったのでしょう。

    『お前、もう少し泣いたら❓こっちが大変だよ(笑)』

    『そういう勇吉先生が、何田さんが亡くなって悲しいんじゃないですか❓わたしより泣き足りないのは勇吉先生でしょ(笑)』

    結局、最後は、笑いながら話が終わりました。

    能登勇吉先生の出逢いは2010.02.17
    あの日を彼の中の新光と対話が始まりました。
    彼の中の魂は光が多いのと性格は傷つきやすいです。
    闇が嫌いなのです。まさに神様と同じです。

    この世の罪穢れを通じて、光と闇の世界を配信していきたいです。

    勇吉の奇跡〜見えない世界からの伝言〜

    2022.02.23島道鉱泉の坂下で起きた自然災害を通じて、何田匡史(本名・能登匡史)からの伝言を発信していきたいと思います。

21 から 30 のアイテムの 945 合計