Vol.427 2024年06月08

わたしは、島道鉱泉プロジェクトに取り組まなくなった時に、必ず、身体を壊しています。 闇のお金を増やそうとすればするほど、わたしの肉体が滅びていきます。 肉体を壊さなければ気づかないわたしへの警告があったのは、5月31日でした。 じぶんの欲が、全て引き起こすのだと確信した現実を体験して、一命を取り留めた事について、反省しました。 2022年2月23日、何田匡史さんが亡くなった時の事を忘れていました。 じぶんは大丈夫だろう、じぶんは関係ない、じぶんさえしっかりしていれば、などという浅はかな考えと、驕りが、じぶんの肉体疲労を加速させたのです。 その時、必ず、お金が消費するのも連動しています。 わたしは、精神世界での役割を知っていながら、物質世界で、働こうとしていました。 島道鉱泉は、経済が豊かになる環境があるにも関わらず、それを無視して動いていました。 年明けの家屋の破損、新しい情報に翻弄されて、本来のやるべきことに目を背けていました。 4月に母親が他界してから、気が抜けていたのも事実です。 主人、妹がそばにいてくれて、父親が元気でいてくれることに甘えていました。 いっそのこと死んでしまえば楽なのに、と思った事もありましたが、、、、 なんのために島道鉱泉に帰ってきたかを考えると、まだ何もしてなかったと思いました。 何もしていないのに、死ぬわけにはいきません。 今日ある命は当たり前ではありません。 今日流した涙は無駄ではありません。 今日も恵まれた与えられた環境に感謝して生きたいと思います。 最後まで、お読みいただきありがとうございました。 ~キラキラはるみの超お薦めサイト 【おすそわけツクツクマーケット】https://ec.tsuku2.jp/sp/shop/0000105468 【シンボルチャンネル・愛情物語】 https://www.youtube.com/@shinboru7 【シンボルチャンネル・仲良し姉妹対談】 https://www.youtube.com/@user-em7no2cu7u

キラキラはるみ