kirakira-harumi

  1. あれから1ヶ月

    2022年03月22日

    雪崩がおきてから、1ヶ月。

    島道鉱泉まで、消防の方の同行で行ってきました。

    凄まじい光景でした。

  2. 〜ご住職様の神様のお話の巻〜

    Vol.335 2022年03月22 3月21日は、わたしの54回目の誕生日でした。 その日に祭壇払いの儀式を設定したのは、彼との思い出を語るための大切な行事として残したいからでした。 案の定、先月、通夜・葬儀で、お世話になったご住職様が、仏様のお話を通じて、神様のお話をしてくださいました。 お釈迦様や阿弥陀如来の名前が上がりましたが、最後に『生きているにんげんが、肉体を使い神様や仏様と働かなくてはいけません』と付け加えておりました。 袈裟を着ていたご住職が、神様に見えました。(笑) 最後に『今まで見たことのない素晴らしい祭壇でした』と言われたので、姉妹でお布施を沢山包んで良かったね。とこっそり笑いました。 悲しみの中にも笑いを、苦しみの中にも希望を、それが神様の教え、また祖母の教えです。 わたしは、精神世界から物質世界からも教えを頂いている恵まれた立場に置かれています。 ありがたい限りの日々を過ごしています。 2月23日に雪崩に巻き込まれた彼のために何が出来ることが無いか、と頭をフル回転させて出した答えは、、、わたしが彼の分まで長生きすることでした。(笑) って言うか、何を思っても、考えても、後悔しかありませんから、やはり最後は生きることだけしか出来ないと思いました。 わたしが代わりに死ねば良かった。って考えるのも変だし、死んだら楽になるか。と思っても、それはないと思います。 死ねば、匡史さんと同じ死後の世界へ行けるか、と言うのも疑問ですし、下手に死ねません。 それでは、どうしたらいいかを考えましたが、答えが見つからず、何も思いつきませんでした。(笑) 神様大好きで、誠実で、一生懸命で、生真面目で、不器用で、、、わたしとは真逆な生き方の匡史(まさふみ)さんでした。 今でも涙が溢れてくるのは、なぜなんだろうと考えながら泣いています。 でも、そうそう泣いてばかりはいられません。 やることが山積みです。(笑) 家族をはじめ、わたしのまわりにいてくれる心優しい方々の存在がありがたいです。 わたしの人生は、いつも悲しく、切なく、寂しいです。 わたしの大切な人は、いつも先に亡くなります。 だから、人に優しくしたり、励ましたり、笑わせたり、、、人のために尽くすのが、わたしの人生のテーマなのかもしれないと最近、思っています。 そういえば、匡史さんは、わたしといる時、いつも笑っていました。 匡史さんの口癖は面白かったです。 『はるさんは、人と喋らないといけない』 『はるさんは、積先生と同じことを言ってる』 『はるさんは、厳しいからなぁ〜(笑)』 確かに、匡史さんの言う通り、わたしは、いつも彼を怒鳴っていました。 匡史さんは、笑ったり、しょんぼりしたり、気合いを入れたり、毎日、喜怒哀楽が忙しい人でした。 でも、怒鳴るのには、理由があるのです。 本気出せば、どんなこともやり遂げられる人なのに、いつも人に頼ってしまう甘え癖の匡史さん。 やる気出せば、どんなことも達成できる人なのに、いつも人のせいにしてやらない無責任な匡史さん。 真剣に向き合えば、どんなことも成功できる人なのに、やる前から諦めてしまうマイナス思考の匡史さん。 でも、わたしはそんな匡史さんが、可愛くて仕方がありませんでした。 調子が良いのに、憎めない。プライドが高いのに、許してしまう。 わたしが代わりにやってあげよう!(◎_◎;) そんな気持ちになる魅力的な人でした。 匡史さんは、精神世界では素晴らしい能力があり、物質世界では凄い能力があったので、浄化上昇のお仕事や天然ガスの修繕作業などは向いていたのだと思います。 思考回路が、人並はずれていましたので、言葉遣いは、まわりには理解されにくかったですが、わたしは何を言わんとしているかが、手に取るように判りましたし、痛いほど伝わってきました。 神様を裏切らず、誠実で生真面目で、不器用な匡史さんは、わたしのとって、かけがえのない存在でした。 わたし、1人を残して、先に逝ってしまうのは 『匡史さん、それはないでしょ!』です。 神様は、いつの時代も、わたしに試練を与え、わたしの肉体を残し、どんどん元気にしてくれます。(笑) 生きていくことは、辛くて、切なくて、悲しいことばかりなのに、、、物質世界で、色々な事を体験させられたて、どんどん強くなります。(笑) 島道鉱泉に還ってきて、わたしの肉体は、だんだん丈夫になっています。(笑) 今日ある命は当たり前ではありません。 今日ある涙は無駄ではありません。 今日も生かされている環境に感謝、感謝なのです。 ~キラキラはるみの超お薦めサイト~ 【ツクツクマーケット】 ~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468 ~心と身体が元気になる店 癒しスポット光の泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830 ~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831 ~精神学の宇宙こうぼう~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000106643

    キラキラはるみ

  3. 〜愛想よく生きるの巻〜

    Vol.334 2022年03月13 まわりから見ると人の世話をしている。 わたしから見ると当たり前のことです。 優しい、気がきく、愛想がいいと言われますが、わたしにしたら当たり前なのです。 にんげんに生まれたら、じぶん以外の存在には敬意をはらうべきです。 気を使い、優しく親切に、いつも笑顔を忘れずに、、、 無理に笑うんのではなく、笑いたい時に思い切り笑い、小さな事に感謝して、色々な事を面白さに変換する脳みそがあれば、それで良いのです。 そういうことを粘り強く繰り返し続けていくと、なんだか楽しくなってきて、この世に生きることが素晴らしい‼︎と思えるようになるのです。 わたしは、この世に生まれる前、真っ暗闇の中にいて、長い期間、じっ〜と我慢してきました。 だから、光が当たるこの地球は、わたしには眩しいくらいに輝いているのです。 幼少期に難病になったおかげで、人の痛みを知り、にんげんの醜く汚れた姿を幾度も目の当たりにしました。 だからこそ、いつもニコニコ元気よく、人に、心配りは当たり前にするのが、じぶんのこだわりなのです。 障害者のわたしでも、やれることがあります。 障害者のわたしでも、夢があります。 障害者のわたしでも、頼りにしてくれる存在がいます。 と言っているわたしは、ニコニコ愛想よくするじぶん大好きにんげんなのです。(笑) だから、そんな人が大好きです。 優しくて、親切で、気が利いて、心配りができる人が大好きなのだと思います。 そんな人といたら、気分良く過ごせますし、きっと愉しいと思います。 だから、わたしもまわりの人にしてあげるのです。 どんなふうに思われても気にしてなんかいられません。(笑) じぶんがしたいことだから、じぶんが好きな事だから、これからも、愛想よく生きていくのです。(笑) 今日は、、珍しく、夜中、目が覚めました 昨日、能力者の方々と島道地内へ行ったせいでしょうか❓ 当然、何田さんはいませんでしたが、島道鉱泉のお風呂は沸いてないし、寒いんじゃないかと能力者の方が心配していました。 天然ガスの工事は、除雪作業が終わり、雪が溶けないと始められません。 大きな自然災害だったので普及するのに、大掛かりになりそうなので、島道鉱泉への道のりは不通です。 時々、様子を見に出掛けていますが、積雪量は、たくさんあります。 わたしたちは、恵まれていますので、しばらく我慢です。 見えない場所で、たくさんの皆様が動いてくださっているることに感謝です。 今日も目覚めて、指が動き、頭の回転が良く(笑) 幸せだと感じられる事に感謝です。 今日ある命は当たり前ではありません。 今日流した涙は無駄ではありません。 今日も、恵まれた素晴らしい環境に感謝なのです。 ~はるみの超お薦めサイト~ 【ツクツクマーケット】 ~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831

    キラキラはるみ

  4. 〜神様になった❓彼の巻〜

    Vol.333 2022年03月07 大切な人が傍に居なくなったのに、前より身近に感じるのは、彼の満面の笑みの写真があるおかげ。 生前、二人っきりの時は、あまり笑わなかった彼。 寝ているか、映画を見ているか、ネットサーフィンをしている事が多かった気がする。 ふたりだけの時間が長かった分だけ、色々なことが思い出される。 神様は肉体がないから、にんげんが代わりに動かないとダメなんだ、と口癖だった彼は、神様になっているのか❓不思議と嫌な雰囲気がない。 この世に未練があったり、やり残したことがある場合、念や呪いに似た異様な雰囲気を醸し出す人がいるが、彼は軽やかで健やかで、何だか楽しそう。 それが、逆に、わたしを落ち込ませる。(笑) 生きてる時は、辛そうだったのに、、、 肉体が滅びても、彼は、わたしの意識の中に堂々と生きている。 魂は、どこかに遊びに行っているように、フワフワしていて何だか変な気分。 身体がある時は、何をするにもやる気がなく、苦しそうだったのに、肉体がなくなった途端に別人になったよう。 実際、わたしは、悲しそうで辛そうだった彼を傍で見ていても、どうすることも出来なかった。 ただ、傍にいることしか出来ない無力さを痛感していた。 と、同時に彼とわたしは真逆なんだなぁと感じていた。 生きていれば色々なことがあるのは当たり前だし、、辛くて悲しいことは、にんげんとして生まれた避けては通れない。 どうせ、この世を生きていくなら、じぶんらしさを発揮して、楽しみながら進んでいきたいものだ。 他人は、わたしの真の姿を知らない。 わたしも、他人の真の姿を知らない。 だから、知るために関わる、関わり続ける。 好き嫌いな感情論じゃなく、合うか合わないかの倫理観を意識して生きる。 今日もお腹が空き、ご飯をたらふく食べる。 今日も写真を見て、涙がこぼれる。 今日も冗談を言い、傍にいる人を笑わせる。 今日も眠くなり、急いで、明日の予定のために準備する。 わたしは生きる。 わたしは生きている。 わたしは生かされている。 今日も恵まれた環境に、与えられた環境に、感謝、感謝なのだ。 ~はるみの超お薦めサイト~ 【ツクツクマーケット】 ~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468 ~心と身体が元気になる店 癒しスポット光の泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830 ~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831 ~精神学の宇宙こうぼう~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000106643

    キラキラはるみ

  5. 〜光使・何田匡史(なんだまさふみ)のお役目の巻

    Vol.332 2022年03月04 2022.02下旬 島道鉱泉に暮らす何田匡史(なんだまさふみ)こと『能登匡史』さんが、雪崩の被害に遭い、この世を卒業されました。 突然の出来事で、まわりの皆様にはご心配、多大なお気遣いいただき、かえって恐縮しています。 また、糸魚川市をはじめ消防や警察の関係者の皆様にはご足労いただき感謝いたします。 皆様の全力の捜索活動、また手厚い救援活動を賜りましたこと、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。 ありがとうございました。 生きていれば、色々なことがあります。 辛く悲しいこと、切なく苦しいこと、嘆き、哀しみ、悔やんでみても、匡史さんの肉体はもうありません。 ただ、彼の意識は生きているような気がして、不思議なことに、わたしの感情の中には悲しみや苦しみ、後悔の念がありません。 毎日の彼とのバトルに近いコミニュケーションやお互いの夢や希望を語り合った頃が、とても懐かしいです。 今でも『ただいま帰りました‼︎』と大きな声で帰ってくる気がして、、、 感動的だったこと。 彼がこの世を卒業した直後、1番先に駆けつけてくださったのは、精神学協会の積哲夫会長でした。 彼は、積先生が大好きで、大好きで、師匠と仰ぎ崇拝していました。 『僕は、早く死にたいから、死後の世界を見たいから、、、もし僕が死んだら、積先生にお見送りをして貰うんだよ。はるさん、死ぬ事は怖くない。死んでから始まるんだから‼︎』と笑って話をしていた匡史さんは、とても楽しそうでした。。 案の定、積先生が来られた三日間、匡史さんは、感動しすぎて高揚していました。 それは、この世を卒業したことの悲しみより、死後の世界を探索に行くことを楽しんでいるような、、、不思議な波動でした。 匡史さんは、この世を卒業してから、色々な方々に挨拶に回っていたようで、葬儀の時、また積先生から見送って頂く儀式の時、食事の時くらいしか近くにいなかったような気がします。(笑) それが、また、匡史さんらしいと思いました。 わたしも、匡史さんと同じで、彼がこの世に居なくなっても悲しみや切なさの感情はあたりありません。 亡くなった時も『やっぱり』と思いましたし(状況を把握したらそうなります)遺体で発見された時も『身体が見つかって良かった。探してくださった方々ありがとうございます』と呟いていました。 それ以前に、生前の彼の習慣や習性が、わたしに移っている部分があることに驚きと戸惑い動揺しています。(笑) 積先生のお話、また同行された能力者の皆様のお話は、わたしの中にある物語と繋がり重なる部分が沢山あり、わたしが、今まで生かされている意味を再確認した時間をいただきました。 にんげんごとでは、近くにいる方が亡くなったら、嘆き悲しみ落ち込んで、立ち直るまで時間がかかるのでしょうが、わたしの場合、落ち込むというより『忙しくなりそうだなぁ』という気持ちが上回っています。 そんなふうにして気楽に思えるのは、支援、応援してくださる方々、協力してくださる強い味方が沢山いらっしゃるからだと思います。 今回の匡史さんの死を通じて、色々なことが勉強になりました。 これからは、今以上に、彼がやりたかったこと、彼が生前、発言し続けたことを、ひとりでも多くの方にお伝えしていきたいと思います。 今日ある命は当たり前ではありません。 今日流した涙を忘れずに、1日、1日を大切に過ごしたいと思います。 これからも、島道鉱泉プロジェクトは続きます。 今後とも、ご理解、ご協力を宜しくお願いいたします。 ~キラキラはるみの超お薦めサイト~ 【ツクツクマーケット】 ~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468 ~心と身体が元気になる店 癒しスポット光の泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830 ~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831 ~精神学の宇宙こうぼう~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000106643

    キラキラはるみ

  6. 〜真冬の試練は、学びの時間の巻〜

    Vol.331 2022年02月21 昨日、雪が降り積もり、島道鉱泉付近の積雪量は、2mになりました。 2月中旬、まだ油断できない時期です。 家屋だけでなく、セラミックヒーターやファンヒーターなどの暖房器具をフル回転していたツケが回ってきました。 暖かさに集中して、換気や空気清浄をないがしろにしていた数ヶ月で、肺が悲鳴を上げました。 と、同時に精神世界の波動を溜め過ぎてしまいました。 敏感な能力者の方々と関わるようになり、益々、波動を身体で簡単に感じられるようになりました。 幼少期から、生物の波動を感じやすい身体なのですが、色々な要素も重なり益々、身を切る現実が起こります。 その時は、戸惑いがあり、動揺しますが、今は、苦しい症状を乗り切れるグッズが揃っていますので、以前よりは心配や不安感は少なくなりました。 グッズだけでなく、日頃から自己管理を怠らないように気をつけ、身体を大切にする重要性を考える日々です。 肉体は、正直で敏感に色々なことを感知します。 意識では理解していても、にんげんごとで『まだまだ大丈夫』『これくらいはイケる』などと過信する考えが間違いの元です。 この世は、精神世界からも物質世界からも汚染されています。 『精神学の宇宙こうぼう』では、精神世界の闇の浄化方法を『ぬながわサロン』では、物資世界の闇の浄化方法を指導しています。 どちらの世界も浄化していかないと身体だけでなく意識まで壊れてしまいます。 わたしは、恵まれた環境にいるのだと、改めて感じた数日間でした。 今日ある命は当たり前ではありません。 今日ある肉体はいつまでも持ちません。 まだ、まだ、気の抜けない時期ですので、意識と身体のメンテナンスをシッカリしながら、1日、1日を大切に過ごしたいと思います。 ~キラキラはるみの超お薦めサイト~ 【ツクツクマーケット】 ~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468 ~心と身体が元気になる店 癒しスポット光の泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830 ~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831 ~精神学の宇宙こうぼう~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000106643

    キラキラはるみ

  7. 坂道での出会い

    2022年01月24日

    朝、カモシカに遭遇。

    おはよう!と、挨拶をかわした。

  8. 島道鉱泉への道

    2022年01月23日

  9. ~じぶんらしさを追究するの巻~

    Vol.330 2022年01月17 願いは叶う! 思いは通じる! イメージ大事! 信念があれば大丈夫! よく耳にするフレーズですが、その言葉の裏には『ただし』が付くのだと思います。 人間界で、スムーズに進み、トントン拍子に物事が進むときがあります。 その時に、『奇跡だぁ』『神様のお導きだぁ』『感謝しなくちゃ』『ついてる!』最近では『もってるよねぇ~』などと口にする方がいます。 確かに、綿密な計画と経験値が そのような現実をまねく場合もありますが、【奇跡】とは違う気がします。 奇跡が起きるときは、にんげんの脳で考える次元を越えています。 それは、経験した方にしか解らない真実です。 とかく、にんげんは思いもよらぬ事を目の当たりにすると、戸惑いや動揺をしてしまいます。 特に、良いことが起きるときは拒否反応をおこしたり、じぶんでじぶんを否定し始めることもあります。(笑) 『たまたま』『偶然』『勘違い』『思い込み』という感情が走り、素直に受け入れられず喜べないのです。 それは、じぶんに許可を下ろしていない人に見られる傾向です。 【じぶんが奇跡を与えられる】許可です。 神様は、じぶんの外にも中にもいます。 そして、霊や魔も同様に存在しています。 じぶんの気持ちを殺して、粗末にして、我慢して、無理して、それがいつしか当たり前になる時間が長くなります。 それは、霊や魔がいたずらしたり 本来のじぶんがなくなっているのかもしれません。 そんな行動ばかり続けていると、知らないうちに、頑なになり柔軟性がなくなってしまいます。 これも、闇の影響がありそうです。(笑) ですから、思いがけず、予定外の出来事があると、良いことや悪いこと関係なく、意識と身体が柔軟に反応しないのです。 素直さとは 人の言うことを聴いて行動するのではなく、じぶんの気持ちに正直に生き、じぶんの思いを包み隠さず表現することだと思います。 ありのままのじぶんをさらけ出すのは勇気が必要ですが、慣れてしまえば簡単です。 わたしは、にんげんの感情を観察するのが好きなので、醜さ、愚かさ、性根の悪さなどが、とても気になります。 人に八つ当たりしたり、愚痴ったり、陰口を言ったり、妬んだり、憎んだり、、、なぜそういう気持ちになるのかが知りたいのです。 逆に、人を誉めたり、讃えたり、尽くしたり、奉仕する気持ちも知りたいのです。 わたしが、じぶんの中に存在する【神性】と話ができるようになったのは、12歳の頃でした。 7歳に幽体離脱を経験し、人格が代わり、にんげんとのコミュニケーションを余儀なくされました。 『神様、わたしが間違っていたら罰を与えてください!』のフレーズは何百、何千回も発言しました。(笑) その結果、現在、余命宣告を受け続け、失明の危機を乗り越えて、まだ、見えていますし、生きています。(笑) 幼少期から、わたしを支えていたのは、やはり『信仰心』だったのでは?と最近つくづく感じます。 神様は、わたしたちにんげんに光と闇を与えてくれています。 この世は闇ですから、辛くて悲しいのは当たり前なのです。 苦しくて、投げ出したいことも沢山あります。 でも、そんな時こそ、真っ向から立ち向かい冷静に対応していかなければいけません。 闇を持っているのに、闇が怖いなどと言っていられませんし、光が好きだからと言って、光ばかりになるのは、なかなか難しいと思います。 これからも神様の存在を信じ、精神界で活躍される皆様の情報をながし続けたいと思います。 今日も 無事に 生きていられて感謝です。 この世で縁が繋がった大切な存在が、無事に生きていてくれて感謝です。 今日ある命は当たり前ではありません。 今日流す涙は無駄ではありません。 今日感じる気持ちは生きている証なのです。 わたしは、今日も、じぶんらしく、マイペースで生きています。 わたしは、今日も、じぶんを中心に活きています。 わたしは、今日も、じぶんの環境に満足しています。 与えられた恵まれた素晴らしい環境に感謝、感謝なのです。 ~キラキラはるみの超お薦めサイト~ 【ツクツクマーケット】 ~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468 ~心と身体が元気になる店 癒しスポット光の泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830 ~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831 ~精神学の宇宙こうぼう~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000106643

    キラキラはるみ

  10. ~島道鉱泉に集まる超人的な存在の巻~

    Vol.329 2022年01月10 昨日は、朝早くから、ユンボの交換でした。 一昨日の朝、白い積雪に、黄色いオイルらしきものが漏れていて、何田さんがリース会社に問い合わせてくれました。 島道鉱泉では、毎年、除雪用にユンボを借りているのですが、重機からオイルが漏れが発生したのは、初めてだったのではないでしょうか? 父親は、87歳になりますが、重機関係を借りて初めての経験だったようで、、、『お父さん、初めての経験で大変だろうけど、頑張ってね!』と声をかけていたら、笑っていました。(笑) わたしは、じぶんの親を尊敬しています。 父親の柔軟さと臨機応変な姿勢には、いつも頭が下がります。 見習いたいどころが、沢山ありますので、勉強になりありがたいです。 この2、3日雪が落ち着いていますから、台所から見る景色も違います。 いつもは、もっと雪があり、大変な状況です。 今日の昼は、妹がおにぎりを握ってくれていましたが、父親は、カップラーメンを食べました。 何田さんもわたしも、カップラーメンを食べました。 こだわりのない臨機応変さと、優しい性格は やはり凄いなぁと思います。 最近、何田さんとわたしは、父親から仕事の話を聴く機会があります。 地質調査や消雪パイプや地滑り修復作業などの話は、初めて聞く内容ばかりで、感心することばかりです。 今日は、母親との馴れ初めの話も出ました。 何田さんは、色々な情報を集めるタイプなので、どんなことも根掘り葉掘り聞きます。 それをキチンと答えてくれる父親が、偉いなぁ~と思いました。(笑) ただ者ではないくらい仕事ができる父親を尊敬していましたが、やってきた実績を聴くと、やはり超人並みの仕事っぷりが垣間見れます。 島道鉱泉に集まる人は、やはり選ばれた存在なのだと確認できる時間でした。 今日もにんげんの生き方や考え方から気づきや学びがあり、じぶんの魂のテーマを確認できる現実が起こります。 益々、見えない世界を追究しながら、見える世界で、形にしていくことを決意しました。 今日ある命は当たり前ではありません。 今日起こる現実は当たり前に起きていません。 じぶんとじぶんに関わる存在が動き、現実を現しているのです。 じぶんの中の小宇宙を飛び出し、光の先の外宇宙に繋がるとき、ほんとうの奇跡が起きます。 今日も恵まれた与えられている環境に感謝しながら、今を楽しみたいと思います。 ありがとうございました。 ~キラキラはるみの超お薦めサイト~ 【ツクツクマーケット】 ~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468 ~心と身体が元気になる店 癒しスポット光の泉~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830 ~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831 ~精神学の宇宙こうぼう~ https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000106643

    キラキラはるみ