Vol.328
2022年01月06

島道鉱泉の源泉はふんだんに涌き出ていますが、熱し方は天然ガスを使用しているため、ガスが来ないとお風呂には入れず、真冬にお風呂に入れないのは辛いです。

真冬は、天然ガスの菅の中にある水分が氷点下で凍ってしまうようで、ガスが来る量が少なくなります。

そうなった場合、囲炉裏の部屋や台所に天然ガスを引き込んで使っていると、お風呂を沸かすことがきません。

囲炉裏の部屋にだるまストーブを設置し、やかんを置いてお湯を沸かし、台所はカセットコンロを使い料理をすることになります。

昨年は、両親と妹だけでしたので、お風呂は沸かしませんでした。

昨年の豪雪の時の惨事は、経験した人しか判りませんが、その話を聞くだけで、わたしなら、絶対、耐えられなかったと思います。

今年は、何田匡史さんも 島道鉱泉に暮らしていますので、彼の助言もあり、来ている天然ガスの量だけで、お風呂を沸かすことになりました。

当たり前のことが出来なくなる暮らしで、鍛えられることが沢山あり勉強になります。

お陰様で、電気は供給されていますから、電化製品や電気器具などを活用して暮らせています。

自然界のエネルギーを頂くには、それなりの代償があります。

昨年、5月に何田匡史さんを島道鉱泉に連れてきてから、新しいことへの入れ替え作業が始まりました。

そして、何十年も続いていた、今までのやり方が、ガラリと変わりました。

処分や廃棄することもありました。

神様稼業をするために、京都から新潟へ移住してきた何田匡史さんが、島道鉱泉に移住してきてから摩訶不思議なことが増えてきました。

以前から、不思議なことや奇跡を頂いていましたが、彼が来てから拍車がかかっているように感じます。

島道鉱泉の山奥では、にんげんごとでは解決できない出来事が、毎日、現実に起きています。(笑)

何田匡史さんは、神様に可愛がられているなぁ~と感じることがあります。(笑)

わたしは、肺移植の認定を受けていましたが、昨年の9月に『OFF』になりました。

肺の呼吸困難も少なくなりました。

12月に掛かり付けの富山大学付属病院の内科の主治医にも『真冬の島道鉱泉』に住む許可を頂きました。(笑)

精神学協会の積会長に出逢ってから、わつしの肉体は、段々、丈夫になってきたように思います。

そう考えると、わたしの人生は わたしだけのものではないのでは?と考えるようになりました。

わたしは、幼少期から どこからともなく聞いていた声に導かれて来ました。

7歳で発病してから、幾度も余命宣告を受けてきました。

辛い治療や手術を経験しました。

肉体の痛みと同時に、神経も傷付きました。

でも精神は強靭で確固たるものがありました。(笑)

幼少期に、いじめられていたときも、なぜか絶望感はありませんでした。

それは、どこからともなく聞こえてくる声に耳を傾けて、その通りに行動したからです。

わたしの夢は、わたしの中にあるプログラムなのではないか?
ひとりひとりが、そのプログラムを現実にすることが、未来に生きる人の道しるべになるのだとしたら?

そんな妄想をするだけで、ワクワクしてきます。

今年は、本格的に精神世界を追究して、その情報をひとりでも多くの皆様にお伝えしたいと思います!

わたしは、他人を救うことなど出来ません。
じぶんを救うのはじぶんじしんですから。

全て、じぶんで発しています!

今日も恵まれた与えられた環境に感謝いたします。

~キラキラはるみの超お薦めサイト~

【ツクツクマーケット】
~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~
https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468

~心と身体が元気になる店 癒しスポット光の泉~
https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830

~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~
https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831

~精神学の宇宙こうぼう~
https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000106643

キラキラはるみ