Vol.339
2022年05月12

5月12日(木)記念すべき日。

明日の13日(金)は、島道鉱泉の麓の田んぼでの田植えが決まっていました。

田植えの前日に、シン・シンダラチャンネルが配信されるのは、縁起が良い気がしました。

先月、関西で、映像の事を熱く語る熟年層の素敵な方々のずば抜けた感性と並外れた能力を見せつけられたような、、、衝撃的なサイトを拝見できて、関わる皆様の覚悟が感じられて涙が溢れてきて、しばらく止まりませんでした。

昨年の4月にサラリーマンを卒業して、5月に昔ながらの湯治場の再生のために、島道鉱泉に京都から移住してきた匡史さん。

『インフラを作らないといけない』『次の世代へ引き継ぐために形にしないと』が口癖でした。

段取りやスケジュール調整が苦手な彼は、わたしに頼らず、一生懸命だったので、歯がゆい気持ちを抑えながら、彼を見守りました。

結局、後処理は、わたしの担当でしたが、それが楽しかった記憶が、今でも鮮明に残っています。

ただ、シン・シンダラチャンネルの配信は、匡史さんと、一緒に暮らしていた父親や母親、そして妹は、かなり辛いと思います。

彼が暮らしていた形跡が残っている島道鉱泉の場所は、わたしたちにとって切なく苦しい場所になりました。

匡史さんが、この世を卒業する10日前に、天然ガスの復旧を一人で達成した時の父親の笑顔が、今でも忘れられません。

『天然ガスの工事は、匡史に任せたぞっ‼︎』と家族みんなで喜んでいた2月13日。

その日は、匡史さんの55回目のお誕生日でした。

わたしは、3度の結婚をしていますが、1度目の結婚相手も、この世を卒業しています。

1度目の旦那さまが亡くなった時も、3度目の旦那さまが亡くなった時も、わたしの中に浮かんだ言葉は、『神はやはり存在するんだなぁ』でした。

神は見ています。
神は聞いています。

にんげんのやることなすこと、見て聞いて、そして、願いが祈りになり、審判の層を超えていけば、、、必ず願い事を叶えてくれるのです。

匡史さんは、60歳まで生きたくない、死後の世界に興味があるから、精神学協会の積会長から聴いた話を検証したい‼︎と豪語していました。

わたしは、そんな彼を見守りながら、ただ傍にいることしか出来ないことが苦しかったです。

わたしは、匡史さんと建設的な話をしながら、未来のビジョンを一緒に形にしたいと思っていましたので、早く死にたい‼︎と笑顔で喋っている彼が理解できませんでした。

1度目の旦那さまの時も感じましたが、先にこの世を旅立った方は美化されます。

残された方々のほうが辛くて悲しいです。

シン・シンダラチャンネルの配信が始まりました。

匡史さんの声や動画を見ると涙が溢れています。

今でも、わたしが代わりに死ねば良かったと思っています。

わたしが代わりに死んで、匡史さんが島道鉱泉を盛り立ててくれたら、どんなにか良かったか‼︎と思います。

新しく始まったシン・シンダラチャンネルを拝見して、関わっている皆様の凄さを感じるから、尚更、わたしに溜まっている闇の毒が出る気がします。

現実は、自殺する勇気もないですし、やりたいことも欲しいものもないので、匡史さんが与えてくれた環境を活用して、好きな事を発信しようと思います。

シン・シンダラチャンネル、恐るべしサイトです。

今日も、生かされている感謝と共に、浄化上昇を怠らずに、じぶんの気持ちに正直に生きたいと思います。

今日も沢山、泣きましたので、だいぶスッキリしました。

これからもじぶんらしさを忘れず、マイペースで、気楽に愉しみながら働きたいと思います。

~キラキラはるみの超お薦めサイト~

【ツクツクマーケット】
~祈りの聖地で本来のじぶんへ 癒しのパワースポット島道鉱泉~
https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468

~心と身体が元気になる店 癒しスポット光の泉~
https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830

~心と身体が目覚めるとき バランス調整ぬながわサロン~
https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831

~精神学の宇宙こうぼう~
https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000106643

キラキラはるみ