ブログ

  1. ~愛と性とエロスについての巻~

    Vol.59
    2018年04月27日

    わたしは、今まで エロスという言葉を聞くと、嫌らしい印象が先走っていた。

    でも 彼の文章の構成は嫌らしさがない。

    エロス。良い感じだ。

    何田匡史さんは、真面目、実直、誠実で、正義感溢れる、慈悲深い人だ。

    精神学協会会長、積哲夫先生とのやり取りを記した『神を超えよ仏を超えよ 積哲夫の言葉』は、本来の人の真髄をえぐり出すには、丁度良い内容だ。

    積哲夫先生と初めて逢ったのは、12年前くらいか?

    何田匡史さんが、島道鉱泉に、積先生を連れてきたときに、わたしだけの人生ではなく未来のひとのために働かなくてはならない人生を、、、自分勝手に気づいてしまった。

    あれから いろいろなことがあったが、わたしの根本はそのままだから良かった。

    エロスって素敵な響きだ。

    何田さんって、素晴らしい!  何田さんって、さすがだ!  何田さんって、最高だ!

     

    ~神を超えよ仏を超えよ 積哲夫の言葉
    https://www.godbrain.com/gb/shinlogy/magazine_2/

     

     

    キラキラはるみ

  2. ~ライヤーとお薬師さまのコラボレーションの巻~

    Vol.58
    2018年04月26日

    彼女と初めて出逢ったのは 昨年4月

    今年、3月の必然的な再会から 1ヶ月

    こんなに 心通わせる存在が現れるとは、、、天は 素晴らしいご褒美をくれる。

    彼女の話を 聴けば 聴くほど 彼女とわたし ライヤーと島道鉱泉の光輝な繋がりを感じる。

    この世で 出逢う人は万といたが 気の合う人は、なかなかいない。

    彼女の穏やかで しなやかな物腰と 冷静で しっかりした 真の強さが みる人を魅了し 心が洗われるに違いない。

    ライヤーを奏でる彼女の波長と まわりで聴いている人たちの波長が 同じリズムを奏でる。

    自然の中のライヤーの音色は 無条件に 心地いい。

    彼女の内面から発信される清らかなエネルギーからライヤーを通して より一層清らかに響き渡る。

    島道鉱泉の聖地で コラボレーションする存在は 常に清く正しく美しい。

    人間事に捕らわれている時は、わたしも囚われの身だったが、今は違う。

    天の配剤を戴いている今は、スムーズに流れ その勢いは止まらない。

    今日も いただくちょうど良い流れが、広がり やがてこの世を真実へと導くだろう。

    生きるということを諦めなかった自分に、生かされていると感謝を忘れなかったわたしに、いつも丁度良い具合に、充実した時間が与えられる。

     

    リエさん ありがとうございます!!

    リエさんの奏でるライヤーは 魂に繋がり、人を癒やします。

    リエさんの存在は 光に繋がり、人を気づかせます。

    あなたに出逢えて良かったです。

     

    今日も 恵まれた 全ての環境に感謝なのだ。

    キラキラはるみ

  3. ~誠意ある医師の巻~

    そのVol.57
    2018年04月25日

    朝早くからの受診で、6時起床 7時出発。
    病院通いも楽じゃない。

    そんな時、いつもわたし為に 働いてくれる存在がいる。

    島道鉱泉プロジェクトなんて たいそうなものじゃないイベントに、いち早く目を付け、いちばんいい良いポジションにいる優秀で 賢い存在だ!

    どんなときもコツコツ動き、文句を言わず ただひたすら働く。

    最近、咳が出て止まらないのは 春先の気候のせいじゃなく 難病の眼の特徴だと聞かされ 納得する。

    病院内は、広い。 呼吸困難を補うため 車椅子で移動する。

    なぜか 今年は 長年、治療をしてきたのに 初めて知ることばかりだ。

    車椅子移動のわたしは、重度身体障害者なので 診察を担当してくれる内科医師が、わざわざ待機している治療室まで来てくれた。

    いつもながらの誠意ある医師の面々に、頭が下がる。

    今日も、恵まれた 全ての環境に感謝だ。

     

    キラキラはるみ

  4. ~妹の妖怪的魅力の巻~

    Vol.56
    2018年04月24日

    妹29歳、わたし31歳の時 飲食店を開業した。

    なぜ 飲食店?

    理由は簡単、妹が飲食業の経験者で、わたしは経理経験者だから。

    ふたりは 見た目は 全然 違うが 中身は 似てる。

    ただ、外に表現するかしないかの違いだ!!

    妹は 料理 洗濯 炊事を楽々こなし 口数少なく さりげない。

    しかも優しくて 感受性が豊かで 涙もろい。

    見た目は スマートで シャープ 宝塚の男性や役が似合う雰囲気を醸し出している!!

    わたしは 人に対する憧れや親しみはないが 妹を見ていると つい見とれてしまう。

    若い頃ほど、艶っぽさはないが 今の年齢しか出せない妖怪のような恐ろしいまでの色っぽさは 人を惑わす ひとつになるだろう。

    その雰囲気なのに とても子供っぽさを感じてしまうから また 振り回される。

    おっちょこちょいで なので小さなことには 気をとられない。

    おおらかで 繊細で それでいて かなり慎重で怖がり

    それでいて、しっかり者のように見えるから またまた 質が悪い。

    彼女の頭の中味は いったい どんな仕組みになっているのか?

    とても不思議で興味深い。

    頼まれことを難なくこなす 妹のセンスの好さは やはり 両親からの血筋を 完全に受けている。

    今日も 超ハードスケジュールをこなし 夜中に開かれる 主人とのマージャンを楽しみにしている彼女は ただ者ではない(笑)

    12年の飲食店を経営して 山奥の家業の湯治場を手伝うことができるのは 欲が浅く 素直で 純粋だからだなっ。

    今日も 赤ちゃんのように笑う主人と 幼稚園児のようにはしゃぐ妹との 真剣勝負が始まる。

    明日は 富山の病気へ いつも通りの生活をして 受診に向かう。

    今日も 1日 無事に過ごせて良かった。

    与えられた環境に感謝なのだ。

     

    キラキラはるみ

  5. ~気の合う仲間の巻~

    Vol.55
    2018年04月23日

    最近 見えない世界を信じてる人に遭う。

    不思議な現実が 毎日のように続く。

    今日 主人と島道鉱泉で 精神世界を語った。

    この話 皆に聞かせたらビックリ ワクワクするのに わたし ひとりで聴いたら 申し訳ない気がした。

    語り合う人数は ほんの少しで いいね。

    丸いテーブルに それぞれが 好きなものを飲みながら

    未来のビジョンや夢を分かち合うのは 小数がいいね。

    人がいない方が ひとりひとりの存在を確認するんだ。

    それぞれの微妙なニュアンスや雰囲気を味わいながら ゆっくりとした時間を共有できそう。

    今日 主人と出逢った本当の理由を知った。

    今日 主人と出逢った本来の役割を知った。

    今日 主人と出逢ったほんものの世界を知った。

    わたしたち ふたりの壮大な構想が 形になり始め 益々 拍車がかかる堅実を見せられて 最初は 戸惑い 抵抗した。

    今では じぶんの運命と真剣に向き合い やるべきことを ただひたすらやり続けるだけ。

    流れに任せて 浮き草のように さ迷うように見せかけながら 集中して

    力をいれずに どんなことも 喜んで させてもらうのだぁ

    じぶんらしく マイペースで 気楽に 楽しむために ナニをするか決心する。

    今日も 支えてくれてる 全ての存在に 感謝なのだ!!

     

    キラキラはるみ

  6. 見事なゼンマイ

    親戚の叔母さんが ゼンマイを採ってきてくれた

    立派なゼンマイだ

    茹でて 干して もんでの作業を何回かやり 

    完全に乾燥して 来年 やっと食べられる

    その手前があるので 美味しいのね  女将

  7. イバライチゴの花

    島道鉱泉の裏の池のほとりに イバライチゴ(さがり

    いちごとも言うらしい)の花が咲いてきた

    次々と 木々が芽吹き 緑の色も増えてきた

    毎日 木々の芽吹きと共に 爽やかな空気を感じなが

    ら 過ごしている  ありがたい限りです  女将

  8. ~たくさんいるプロフェッショナルの巻~

    Vol.54
    2018年04月22日

    妹から 送られてきたコンクリート作業終了の写真

    思わず『素晴らしい!!』と叫んだ 。

    最近、街の職人さんに コンクリートを打ってもらった。

    とても 素敵な仕上がりで 無事 工事を終えたと 思いきや 追加修繕したのね!

    しかも 仕事 早っ!!

    なんと 山の職人さんの素晴らしい、出来栄えには 驚いたぁ!!!!

    やはり 父親から 教わり いろいろ覚えていけば 何でも自力で 出来るようになりそうね!

    まぁ~やるしかないでしょ(笑)

    父親は バリバリのサラリーマンだった。

    しかも、地質調査や測量などの 自然界の中での仕事をしてきた人だから ある程度 いやいや かなり だいぶ いろいろな知識があり まだ 仕事をしている。(無償だから 偉い!)

    たいしたもんだよ。さすがだねっ!!

    いつもなんだけど、改めて 父親のスキルの高さに ビビった!!!!!!

    これからも、じぶんのペースを保ち いつもの調子を崩さずに 人生を真っ当して 長生きしてもらいたいもんだ。

    父親が 元気で コンクリート打てるの わたしの家だけじゃない(笑)

    わぁはっはっはっはっ (笑い声)

    ありがとうございます。
    お父さんの仕事を拝見して 元気でいてくれたことに感謝です。

    そして、ごじぶんの知識と経験を出し惜しみなく貸してくれていることに 感謝です。

    段取りは 母親だから ありがたい。

    尊敬できる両親のもとに居られる環境は 当たり前じゃない。

    つくづく 恵まれていることに 感謝でした。

    キラキラはるみ

  9. 今日の大沢岳

    今日も大沢岳はきれいだな! 番当

  10. ~光の文章の巻~

    Vol.53
    2018年04月21日

    精神学協会会長 積哲夫先生のメッセージすることがほんものだということは すでに 島道鉱泉の環境や わたしの今まで生きてきた人間界の人生で すでに実証されている。

    だとすると、これから起きる現実世界を生き残る手立て 手段を知らないと 生きていけなくなる気がしてならない。

    これからは、精神世界を信じる 信じないとかではなく ほんものか にせものか 嘘か誠か

    はたまた この世のじぶんのこれからの精神 意識を確立していくために 必要不可欠なものなのか そうでないのかを より深く より多方面から 確認して 行動することが重要になる。

    この世のわたしのお役目が すでに決められていると知り、自我を捨てたら 楽になった。

    幾度となく 天の配剤を与えられ 再三再四 天の厳しさを目の当たりにして もう逃げる道がなくなったとき これからは、喜んで 承ける道をいく。

    わたしの人生は わたしで決めているように勘違いして 自分勝手な判断で生きていたときは じぶんを活かせなかった。

    でも すでに決まっているのだと受け入れたとき 人間的感情に邪魔が入っていることやわたしから発するエネルギーがいかに汚れているのかを瞬時に感じることができるようになった。

    言葉巧みに いろいろなことを言われても 騙されたり 鵜呑みにしたり 思い込んだりしなくなった。

    そういえば、今までのわたしを振り返ると ただ ただ必死で生きてきて つまらない 苦しい人生だった。

    でも これからの人生は 魂のプログラムに沿って じぶんを活かす道が 用意されていると知った。

    そのじぶんを活かす人生が 用意されていることを気づき 素直に受け入れられたら気が楽になる。

    気が楽になり 容易く行動できるようになった その日から じぶんが生まれてきた本当の意味 本来の役割を知ることになる。

    まずは この世のわたしから
    まずは この世のじぶんから
    まずは この世の存在から

    これからは わたしの本当の人生がはじまる。

    毎日 当たり前のように機能する肉体に感謝だ。

    精神学協会 光文書
    Πhttps://www.godbrain.com/gb/letter/page/2/

    キラキラはるみ