ブログ

  1. ~嘘つきはるみの巻~

    Vol.33
    2018年04月1日

    エイプリルフールって 嘘ついていい日?

    朝方 お姑さん宅で目が覚めて、そういえば わたし じぶんの気持ちに嘘をついていたことに気がついた。

    カミサマは人に入ったから じぶんを信じてるってことは カミサマを信じてるんだ。

    見えない世界が嫌いなんじゃなくて カミサマ という嫌な感じがする名称が、キライなんだと! 気がついた。

    だから カミサマ にこだわらず 見えない精神世界が大好きなんだ!と胸を張って言えばいいんだ。

    確かに
    人の喜怒哀楽を感じるのが好き。
    人の感情を読むのが好き。
    人の情念に絡むのが好き。

    一方で厄介でめんどくさい時もあるけど また そこが生きている実感があるから良いんだよね!

    だって この世に生まれて なにもしないで死んだら 最後の審判の時に何て言うの!!
    じぶん自身が後悔するよ!

    どうせなら ひとのため
    どうせなら ひといちばい
    どうせなら ひとおもいに

    誠心誠意 名一杯 一生懸命 じぶんのやりたいこと、楽しいこと、喜べること、やらなくちゃ

    だから 今から どうする?
    だから 今から どうやる?
    だから 今から どうしてもやりたいことか やらなくていいことか やってはいけないことか

    魂にきいて 心で感じて
    じぶんの内なる声に耳を傾け 正直に 真っ直ぐに 素早く行動しよう!

    今日も 大好きな人たちと、本心で語り合い、腹から笑い合えたことに 感謝なのだ。

    キラキラはるみ

  2. ホッとひと息

    こんなことまで、させてもらえるのか❓
    諦めていた仕事を仰せつかり、舞い上がってしまいました。

    昔、専門学校商業デザイン科を脱落したわたし。
    取り損なった杵柄を試すことができて、物作りの愉しさと苦しさを思い出し味わいながら作業しました。

    途中経過ですが、看板と一緒に撮してもらいました。

    番頭

  3. 晴れ晴れしい大沢岳

    今日も 凜とした山を見て 清々しい気持ちになる

    今日も 生きれて 良かった。   女将

  4. ~さ迷う霊の巻~

    Vol.32
    2018年03月31日

    夫が他界してからまもなく入院し、原因不明の発熱は、一週間続いた

    あの頃は、霊が見える先生との関わりがあり、夫の怨念がわたしに取り憑いている話を聞いた。

    病院での金縛りと痙攣は、日に日に増し、呼吸困難のわたしを死の淵へと引きずり込む勢いだった。

    その時は、『わたしは死ねない。わたしは死なない。わたしは貴方の代わりに生き続ける。』

    そんな言葉を繰り返しながら、胸の痛みと悪寒と吐き気で、毎晩うなされる夜が続いた。

    『般若心経を唱えなさい』との指導をいただき

    根性で 毎晩だだひたすら唱えたお陰か?いつの間にか体調も戻った。

    この世でさ迷う魂の怨念は、分かる人にしか来ないのだろうか?

    他界した夫とわたしの間のことは、2人だけしか知らない。

    真実を知らない人は好き勝手のことを噂する。

    でも真実はひとつだけ。

    今のわたしが幸せなのは、現在の夫と、他界した夫が見守っていてくれるからだ

    現在の夫は、特殊能力保持者だから時々、前の人はもう成仏してるね!と言う。

    この世でさ迷う魂を行くべき場所へ導いている役目を担う夫は、ただ者ではない。

    必然的に出会い、結婚したわたしたち。

    『魂が共鳴した。神様に呼ばれた。山に呼ばれた。』

    と不思議な言葉でメッセージする彼は、わたしのかけがえのない存在だ。

    今日も一緒に過ごせたことに

    今日も一緒に笑えたことに

    今日も一緒に共感できたことに 感謝、感謝なのだ。

    キラキラはるみ

  5. 可愛らしい芽吹き

    島道鉱泉へと続く坂道の掃除。

    まだ土手には雪が!

    その少し先の土手には、可愛らしい芽吹きが。

    カタクリの蕾が、顔を出していた。

    今日も朝から、ほんわかとした気分になった。
    この環境に、感謝して、過ごさなくちゃ。 女将

  6. ~あの世の人の巻~

    Vol.31
    2018年03月30日

    『喋る女は信用できない』

    初対面で言われたときは さすがに 頭にきた。

    しかも無愛想で 冷たい。

    『少しカッコいいからっていい気になるなよ』

    わたしのよさを知らしめてやる~ と結婚までのカウントダウンが始まった。

    出逢って2年で入籍し、3年半で別居し、結婚6年目に離婚。

    別れた理由は 感情的になりすぎたからだ。

    彼の優しさに気づかず
    彼の純粋さに気づかず
    彼の寛大さに気づかず

    独りよがりの感情だけが先走り 離婚へと繋げた。

    本当は 判っていたのに
    本当は 分かっていたのに
    本当は 解っていたのに

    彼の底知れぬ愛を素直に受け入れ 委ねることができ 感謝があれば 離れることはなかった。

    わたしがもっと素直だったら
    わたしがもっと謙虚だったら
    わたしがもっと感謝があったら
    人生は替わっていたのだろうか?

    彼は もうこの世にはいない。

    その彼が思い描いていたビジョンをわたしが実践しよう。
    その彼の分も長生きして この世で 奇跡を起こし続けるのだ!!

    今日 こうして生きていることが
    今日 こうして生かされていることが

    余命宣告されているわたしには まさに奇跡だから。

    今日も何もなく過ぎたことに
    今日も何気なく笑えたことに
    全ての出来事に感謝なのだ。

    キラキラはるみ

  7. 穏やかないい天気。

    今日も朝から暖かい。
    雪解けも進んで、春の芽吹きも早いです。

    島道鉱泉の池の鯉ちゃん達も元気に泳いでます。
    家族が、増えたかな。    女将

  8. ~運命の出逢い~

    Vol.30
    2018年03月29日

    昔、働きすぎて突然、入院していた。
    毎年、決まって秋頃になると起きる体調不良と重なって 時間の制限なく仕事をしていた為だ。
    中学生から通いなれている病院は、とても快適な場所だった。

    『無理するから肺炎になるんだよ。自宅にいても安静に出来ないだろうから、とりあえず入院したら?』
    昔の病院は気楽に入院できた。
    中学からの長い付き合いの主治医は、慣れた者で
    『炎症を起こしているから、抗生物質を投与して安静にしていれば回復するよ』

    発熱が出なくなった今は、もう入院することもなくなり『たまには入院したいなぁ~』と現実世界から逃げたしたくなるときは昔を思い起こしている。

    急性肺炎になった原因は、仕事のしすぎもがあるが、だいたいは夜遊びが続くと決まって病院のお世話になっていた。
    前日、徹夜でカラオケに行った次の日からの咳で、熱が出始め入院になるパターンが多かった。
    最初の一週間は発熱や呼吸困難もあり治療に専念するが、入院生活の半分以上は三食昼寝付きの快適生活だ。人の噂は早いもので 次から次へと 色々な方々がお見舞いにきて その度に喫煙所に行き喋っていると 看護婦さんに注意されていたものだ。

    その頃 付き合っていた彼が 後輩の女の子を連れて お見舞いに来たとき
    『潮時だな。さようならしなくちゃ』
    そんな気持ちになったのは、新しい出逢いが気になり始めていたからだ。

    人の気持ちは不思議だ。
    好き嫌いは何を基準に決めるのか?
    合う会わないはどんな感じで決めるのか?

    その時のじぶんの気分で動く感情的な行動は いつも一緒じゃない。
    いつも同じじゃない。
    別々で違うことの方が多い。

    お見舞いにきた先輩のもう一人の見舞い先に わたしとの縁が繋がった存在がいた。
    その存在が いまのじぶんの生きる柱の根を創るキッカケになった。

    いつまでも
    忘れてはいけないことがある。
    もう忘れていいことがある。

    じぶんの記憶、記録、思い出、思い入れを把握し、分析し、きちんと整理したら またじぶんの生き方を創る。

    今日も 喜怒哀楽をハッキリ表現できて良かった。
    今日も 感情的な行動を躊躇なく出来て良かった。
    今日も 判りやすく大袈裟なリアクションで 話が通じて良かった。

    与えられた全ての環境に
    恵まれた全ての出来事に
    感謝、感謝なのだ。

    キラキラはるみ

  9. 番頭の底力

    看板、上手に書いて貰いました。

    最初から、出来なければ、お願いすれば良かったです。     女将

  10. ~集結の日の巻~

    Vol.29
    2018年03月28日

     

    今日も 夫とお姑さんと島道鉱泉へ

    途中 地元のラーメン屋さんで昼食

    午後からの島道鉱泉での予定に間に合うように
    糸魚川市街を出て 一路 山奥の湯治場へ

    空気が違う 景色が違う 別世界だ

    今日は 地方から色々な方々が集まる

    姉や姪も集まる

    気の合う訪問者の皆様が 終結する

    不思議と重なるときは重なるんだよね

    島道鉱泉の帰り道 夕暮れ時の道のりで ふとっ気づく

    たまたま今日じゃなく
    今日じゃなきゃいけなかったんだよね

    ご縁が繋がり いろいろな存在がサポートしてくれる

    今日も与えられた全ての環境に感謝なのだ

    キラキラはるみ