Vol.315
2021年08月30

最近、よく小学生の頃を思い出します。

一緒に暮らしている主人や妹が発している波動が昔を思い出させてくれます。

二人が出す波動は、まさに闇。

その闇に囚われないようにするのが面白いです。

わたしは、妹や主人に無視されたり、時には、冷たい態度を取られ、逆ギレされたりします。

相手の甘えや傲慢さや強情や筋違いなことを突き詰めるからです。(笑)

にんげんは厄介でめんどくさい生き物です。

それが、嫌で嫌でしかたないときは、闇に侵され辛くなり、とても寂しくなります。

でも、意識が換わり、考え方を変えてみたら、面白くて、笑えます。(笑)

5月に、島道鉱泉の場所に、主人を連れてきて、わたしの精神世界の役目は終わりました。

わたしが、彼と再婚した目的は、神様業界に関わってもらうことでした。

京都で暮らしていたときは、まさに地獄のような生活でした。

お金に追われ、時間に追われ、主人のストレスが日に日に増えていくを感じていました。

わたしの体調も悪くなり、島道鉱泉に帰らないと死んでいたと思います。

現在は、肺移植もOFFになり、肺疾患の症状も安定しています。

ただ、主人と一緒に過ごしていると身体が敏感になり、頭の痛みや目の痛みが頻繁にあります。

神経を逆撫でする波動に耐えられないときがあります。

そして、益々、色々な波動を感知することができるようになり大変です。(笑)

島道鉱泉に移り住み、色々なことが起きます。

まさに、神様達が動き始めています。

それが、全て未来に繋がる現象と捉えて、冷静沈着に構えています。

島道鉱泉に暮らして、両親が高齢になったため、勉強になることばかりです。

日々、母の介助をすることにより、じぶんの生き方や在り方に気付き、学びがあります。

母は、いつも感謝と労いの気持ちがあり、お世話してきて気分がよいです。

母は、繊細で優しいので、じぶんより、まず人を優先してもらえるので、どちらが介助しているか?分からないくらいです。(笑)

母から、学び、勉強させてもらう時間が増えて、ありがたいです。

母は、まさに、光です。

その反面、主人という立場の存在、妹という立場の存在は、まさに、闇です。

主人や妹は、自分勝手な解釈で、思い込みがあり、自己中心的な態度と姿勢で、まわりに闇を振り撒いている(無視をしたり、攻撃的になったり)ことに、全く気づいていません。

ある意味、凄いなぁと思いますが、何度も同じ態度を繰り返されると、関わるのを止めたくなります。(笑)

なぜにんげんは、他人にはニコニコして、愛想が良いのに、家族や身内には、ふてくされた顔をしたり、無愛想になりがちなのでしょう?!

傍にいてくれる存在がいるだけで感謝なのに、その傍にいる人に対しての思いやりや優しさがなくなるのは、、、やはり闇です。(笑)

わたしは、島道鉱泉の場所で、毎日、ありがたさと切なさを、常に検証しながら、過ごしています。

毎日が、光と闇の闘いです。

ただ、光が良い、闇が悪いわけではありません。

闇が身体に充満すると何かと不自由な事が起きてくるのが恐ろしいです!

本人だけならいいですが、近くにいる人達が巻き沿いになります。

でも、闇がかっているじぶんに気づき闇を削除する方法をマスターすれば大丈夫です。

光と闇が繋がっているように、楽しみと苦しみはセットです。

人生は、良いとこ取りだけは出来ません。

両親・主人・妹は、わたしにとってかけがえのない存在で、学びや気づきの対象です。

そして、じぶんを知らしめるのに役に立つツールのようなものです。(笑)

今日ある命は当たり前ではありません。
今日近くにいる存在は、ずっといません。

今日のわたしは、まわりの存在に対してどうだったか?
今日のじぶんの直感は大丈夫だったか?

今日も感じたままを思ったことを発信できる!

恵まれた与えられた環境に感謝いたします。

最後まで お読みくださり ありがとうございましたm(_ _)m
~キラキラはるみの超お薦めサイト~

【ツクツクマーケット】
~祈りの聖地で本来のじぶんへ 島道鉱泉~
https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105468

~光の宇宙コウボウ~
https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105830

~心と身体が目覚めるとき ぬながわサロン~
https://home.tsuku2.jp/m/storeDetail.php?scd=0000105831

キラキラはるみ